[スポンサーリンク]

2018年1月31日(水)に、杉並区桃井第一小学校にて講演授業が行われました。

この授業に参加したのは、桃井第一小学校の6年生。

総合的な学習の時間「未来に向かって」で、自分は何がしたいんだろう、どんなことがむいているんだろうと、自己分析を経た後、実際に働いている人の声を聞いてみることとなったのです。

この日、6年生の前で話をしたのが、

元S&B食品の陸上部に所属し、現在、ボランティアとして杉並区の子どもたちにスポーツを教えている泉●●さん。

1日に70kmも走ったことがあるという泉さんは、ライバルとの出会いやケガに悩まされた日々、雨の日も雪の日も、どのような日でも練習していたことなどを口にし、子どもたちをおどろかせていました。

そして、「目標を達成できなくても、失敗ではない」「努力すれば、才能は限りなく引き出される」など、努力することの大切さを説かれていました。

2人目に登壇したのが、エコチルを発行する臼井純信編集長。

臼井編集長はスライドを活用し、エコチルの成り立ちから、仕事をしていて苦労したこと、楽しかったことなどを紹介。

子どもたちは話を聞いているだけでしたが、そんなとき、

「夢のある子はいるかな?」

と、いきなり臼井編集長が質問を投げかけました。

はずかしさもあって、なかなか口に出せない6年生でしたが、

「サラリーマンになるのが夢です」と、1人の男子生徒が答えました。

そこから、夢への話がスタート。

「夢を実現させるには、どうしたらいいのか」

臼井編集長から具体策が示され、「チャレンジし続けることが大切です。挑戦しないと成功もありません」と熱弁。6年生も真剣に聞き入っていました。

講演終了後、6年生からは「自分としっかり向き合って、未来を決めていきたい」「失敗しても、決してあきらめないでがんばりたい」など、強い思いが聞かれました。

実際に働いている人の話を聞く機会は、少ないかもしれません。まずは、おうちの人から始めてみるのはどうでしょう? これまで見えていなかったものが見え、自分の世界を広げる、いい機会になるはずですよ。

 

[スポンサーリンク]