[スポンサーリンク]

おうちや学校や公園など、どこの蛇口をひねっても、安全できれいな飲み水が出てくるね。

今回は、どうやって安心して使える水がみんなに届くのかを紹介するね。

 

飲み水ができるまで

みんながおいしく飲んでいる水は、どうやってできるのかな?

どのようにして家や学校に届くのかな?上のイラストに番号をふったよ。

  1. 山や森に雨や雪が降る。
  2. 降った雨は、土の中にしみこんでためられ、少しずつ川へ流れる。
  3. その川の水はダムや湖にためられる。
  4. 取水塔を通って浄水場に運ばれる。
  5. 沈でん→高度浄水処理→ろ過→消毒をする。
    ※高度浄水処理とは、より安全でおいしい水を作ることができる処理方法だよ。
  6. 配水池にためる。
  7. 給水所から配水管を通って、みんなに届くよ

 

水を大切にしよう!

日本では、蛇口をひねれば簡単に安全でおいしい水が出てくるけれど、だからといってむだに水を使っていいわけじゃないよね。

雨が降らず、水不足になる場合もあるので、節水を心がけて、水を大切にしよう。

[スポンサーリンク]