[スポンサーリンク]

学校から帰ってきた後の楽しみの1つとして欠かせないのが、おやつ! ケーキにアイスに、チョコレートに…おいしいのばかり! でも、ちょっと待って。

おやつの食べ方によっては、楽しいだけでは済まなくなることも。

そこで、今一度、おやつについて見直してみよう!

 

おやつも立派な栄養源のひとつ

おやつ=自分の好きな物が食べられる。そう考えている人も多いかもしれないね。もちろん、その考え方も間違いじゃない。でも、おやつの時間も、大切な栄養を得る時間だと覚えておいてほしいんだ。

たとえば、スナック菓子を1袋食べてしまったら、量とエネルギーが多すぎて、夕食が少ししか入らない。すると、夜遅くにおなかが空いて、夜食を食べてしまう。

そうなると、翌朝の食欲に影響が…と、整っていた生活のリズムが乱れ、過食や肥満、偏食に栄養不足等、さまざまな問題が起こりかねないんだ。

だからこそ、おやつの種類や量、食べる時間について、下の「おやつのポイント」を参考に、ちょっと考えてみよう!

 

今日からやってみよう 
おやつのポイント

❶食べる量を決めよう

あまい物やスナック菓子は、砂糖や油を使っているから、予想以上に高カロリー。

パッケージに表示されている栄養成分を参考に、1日200kcal以内を目安にしてね。

 

 

❷食べる時間を決めよう

おやつを食べる時間が決まっていると、消化器系の臓器にエンジンがかかり、消化がしやすくなるんだ。

また、決めた量でもダラダラ食べていると、虫歯の原因になるので注意!

 

❸不足しがちな栄養を補おう

おやつで積極的に取り入れたいのが、「乳」「豆類」「くだもの」の3種類。

とはいえ、栄養メインになると、おやつが楽しくないかもね。

シリアルやグラノーラにヨーグルトをかける、ジュースを豆乳に変えるなど、ちょっとした工夫を楽しみながら栄養を補おう!

【答え】

Q1.①食べなくてもよい ②体によくない ③食べてもよい

Q2.プリン…2.5本、チョコレート1枚…5本、アイスクリーム…4本、缶ジュース1本…7本

 


出典元:小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育

[スポンサーリンク]