[スポンサーリンク]

今月のテーマ:星空の観察から大気や宇宙に興味を抱かせる

今回、お話をうかがったのは八ヶ岳グレイスホテルの小塩智也さんです。

大気環境保全全般を考えるきっかけになればと、ホテル一丸となって星空案内や観望会を盛り上げています。

 

大気汚染や光害に気づける目を持ち、宇宙や天文学に興味を持って欲しいと、子ども向けの星空案内や観望会を開催する

(有)八ヶ岳グレイスホテル 支配人 小塩 智也さん

2003年長野県南牧村にある八ヶ岳グレイスホテルに入社。2011年より支配人に就任。「八ヶ岳観光圏((一社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント)」、「南牧村観光協会」「南牧村宿泊業組合」で理事を務める。星空案内人の資格取得。

 

10年以上も続ける星空観望会

日本三選星名所に選ばれた野辺山高原に建ち、全客室から八ヶ岳連邦を一望できるという抜群のロケーションをほこる八ヶ岳グレイスホテル。

同ホテルは、太陽光による実質再生可能エネルギー100%で運営し、さらに夕食などで出た食品残渣を有機肥料に変えて自社農園で使用するなど、環境に配慮した運営をしています。

なかでも、力を入れているのが、10年間、欠かすことなく開催している星空観望会です。

 

星空のすばらしさを多くの人に伝える

「当ホテルは、標高が高く空気がすみ、町の光も届かないため、星空観察に最適です。宿泊されるお客様だけでなく、地元の子どもたちに向けた星空案内や観望会、出前講座も開催。1年を通して観察できる天の川の他、土星の輪っかや星座を見て、何かを感じて欲しいと思います」と、小塩さんは話します。

そのために、小塩さんは星空案内人の資格を取得。イベントを計画し、八ヶ岳エリアの広域星空イベントでスターナビゲーターを務めるなど、さまざまな活動を行なっています。

「星空にはつかれた心をいやしてくれる魅力があります。みなさんも夜空を見上げてみてください。明日の力となり、環境問題の重要性や生命の大切さも感じられるでしょう。そして、ぜひ八ヶ岳の満天の星空を見に来てください」

 


(有)八ヶ岳グレイスホテル

[スポンサーリンク]