[スポンサーリンク]

みんなは、自分が1日に「何を」「どれだけ」食べているのか、考えたことはあるかな?

ちょっと気にかけるだけで、自分の食生活が見えてくるよ。

 

毎日の食事から何が分かる?

元気な体を作るには、バランスのとれた食事が大切だよ。下のSTEP1を参考に、自分が「どれだけ」食べるのがいいのか分かったら、次は「何を」の部分に注目しよう。そのために必要なのが、1日の食事をふり返ること。そのふり返りを何日か続けていると、肉が多くて乳製品が少ない、全体的に魚が少ないなど、自分の食事パターンが分かってくるよ。

このパターンをふまえて、とり過ぎのものはひかえて、足らないものを意識してとるようにすれば、食事のバランスは自然と整ってくるはず。毎日を元気に過ごせるよう、食事チェックを始めよ。

STEP1

まずは、自分に必要なエネルギー量を知ろう

※身体活動量
「低い」… 1日中座っていることがほとんど 「ふつう以上」… 「低い」に該当しない人

STEP2

1日に食べている食事量を調べよう

何を食べたかメモしておき、食べた物を数値化していこう。数値は下記サイトを参考にしてね。

農林水産省HP http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/chart.html

STEP3

コマをかぞえていこう

STEP2で出した数値のぶん、コマの数字をかぞえていくよ。

 

1日に「何を」「どれだけ」食べたらいいのかな?

食事バランスガイドとは?

私たちが健康で元気に暮らすために、1日に「何を」「どれだけ」食べたらいいのか、料理の組み合わせと量をイラストで示したのが、食事バランスガイドなんだ。食事バランスガイドは5つのグループ(主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物)からできているんだ。どれかが足りないと、コマがたおれてしまうよ。

 

 

出典元:小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」

 


食育ナビゲーター「大福くん」
©SME/SIE

大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>> 大福くん 

 

[スポンサーリンク]