[スポンサーリンク]

暑い時期になると、耳にすることが増える食中毒。この食中毒は、飲食店だけでなく、家庭でも起こってしまうんだ。でも、ちょっと気をつけるだけで防ぐことができるよ。その方法を見ていこう!

 

食中毒の原因はさまざま

食中毒とは、食中毒を起こす元となる食べ物を口にすることによって、下痢や腹痛、発熱、吐き気などの症状が出る病気のことなんだ。食中毒の原因は、細菌、ウイルス、寄生虫などさまざま。

6月から9月にかけては、気温が高くなるため細菌が育ちやすく、細菌による食中毒にかかる人が多くなる。一方、ノロウイルスなどに代表される、ウイルスによる食中毒は主に冬に流行。ただ、食中毒を起こす細菌は、土の中や水、人や動物の皮膚や腸の中にも存在していて、特別な菌というわけではないんだ。左の予防ポイントを参考に、食中毒に気をつけようね!

 

こんなときどうする?
おうちで簡単にできる! 食中毒予防ポイント

 

○か×で答えよう! “食中毒の基本”クイズ

クイズ❶ 食中毒は夏だけ気をつければいい。(  )

クイズ❷ 生ものは冷蔵庫に入れておけば大丈夫!(  )

クイズ❸ 最近、アニサキスによる食中毒が増えている。(  )

クイズ❹ 卵の保存は冷蔵庫が基本!(  )

クイズ❺ 調理済み食品なら室内に放置してもいい。(  )

クイズ❻ 除菌効果のあるアイテムを使えば、手洗いは必要なし。(  )

クイズ❼ 野菜は洗わずに食べても平気。(  )

クイズ❽ 食中毒の予防には、体調管理も大切。(  )

クイズ❾ お弁当に梅干しを入れておけば、食中毒は防げる。(  )

クイズ❿ まな板や包丁など、熱湯消毒だけでは殺菌は不十分。(  )

【答え】 ①×、②×、③○、④○、⑤×、⑥×、⑦×、⑧○、⑨×、⑩○

 


出展元:小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」

 

大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

 

[スポンサーリンク]