[スポンサーリンク]

Q. おいしくて安全・安心な牛乳が飲めるのはなぜ?

A. みんなに届くまでにたくさんの検査を合格しているからだよ!

おいしい牛乳をみんなに飲んでもらうために、酪農家さんは牛の健康をしっかり管理しているんだ。そして、大切に育てた牛からしぼったミルクは、牧場から出荷される前に厳しく検査されます。いろいろな酪農家さんからクーラーステーションに集められたミルクは、乳業工場へと送られる前に再び検査。乳業工場に届いたミルクは、工場に入る前にも検査され、製品になった後も検査されて出荷されるんだ。このように、たくさんの人が検査して、みんなの手元に届くよ。だから、おいしくて安全・安心な牛乳が飲めるんだね。

みんなはどこの牛乳を飲んでる?

牧場と聞くと、北海道など広い牧草地をイメージすると思いますが、実は、東京にも51(2018年2月時点)の牧場があるんです。でも、年々牧場の数は減ってきていて、牛乳の原料である生乳の生産量も減っています。そこで、本州などで足りない生乳は北海道から運んできています。

でも、トラックの台数や運転手の人数にも限りがあり、北海道から運ぶのにも限界が来ています。また、台風や大雨、地震などの自然災害が起こると、遠くから生乳を運ぶことができなくなります。

このような中で、みんなのもとに届く牛乳がなくならないようにするためには、みんなの地域の牧場も続いていくことが必要です。ぜひ、地元の牛乳も飲んで応援しようね!

 


関東生乳販売農業協同組合連合会
〒113-0034
東京都文京区湯島2-18-6 湯島夏目ビル7F
TEL. 03-5844-3061

[スポンサーリンク]