[スポンサーリンク]

東京2020オリンピック・パラリンピックで使われる、オリンピックの全33競技50種類、パラリンピック全22競技23種類のスポーツピクトグラムが発表されたよ。1964年の東京オリンピックで生まれたスポーツピクトグラムは、それぞれの競技を正確に表すと同時に、情報をきちんと伝えるコミュニケーションツールとしての大切な役割もあるんだ。

今回のスポーツピクトグラムのデザインを手がけたグラフィックデザイナーの廣村正彰さんは、「躍動するアスリートの美しさを各競技のスポーツピクトグラムに表現させていただきました。その完成には実に2年近い年月がかけられており、多くの関係者の思いが込められています」とコメント。

その一部を右側に紹介したよ。アスリートの動きだけで、どのような競技か分かるだけでなく、例えば、5人制サッカーのピクトグラムを見てみると、アイマスクを装着している! このように、かなりの工夫がほどこされているんだ。みんなも、じっくり見てみてね。

 

“東京2020オリンピック・パラリンピック スポーツピクトグラム”を一部紹介

 


東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

[スポンサーリンク]