[スポンサーリンク]

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で行われる全55競技の中から、注目の競技を紹介。

今回は、東京2020大会で新たに採用されるスケートボードだよ!

第2回 スケートボード

競技紹介
前後に車輪がついた板に乗って、トリック(ジャプ、空中動作、回転などの技)を行い、その技の難易度や高さ、スピードなどを評価する採点競技だよ。

街にあるような階段や手すり、ベンチ、坂道、壁などに似せて作った直線的な構造物(セクション)を配置したコースで技を競う“ストリート”と、大きいお皿や深いおわんをいくつも組み合わせたような、複雑な形をしたコースで技を競う“パーク”の2種目があるよ。

どちらもトリックが繰り出される瞬間が一番盛り上がるんだ。

 

競技は2種類

Image by randy7 on Pixabay

ストリート

コース内のセクションを使いながら、さまざまなトリックを繰り出す。手すりなどのレールへの乗り方や降り方、すべる距離に注目。

 

Image by JayMantri on Pixabay

パーク

直線のストリートに対して、こちらのコースは曲線的な形状。その傾斜を利用したエア・トリックが、パークでは中心となる。

注目ポイント

コース取りやトリックの順番、種類はすべて自由。そのため、同じトリックでもスピードだけでまったくちがうように見えるのがおもしろいところ。また、パークで多く見かける、空中へ飛び出す“エア・トリック”は、浮遊感、ダイナミックさ、パフォーマンスの大きさなどを楽しもう!

 

競技会場

有明アーバンスポーツパーク

©Tokyo 2020

 


Tokyo 2020

[スポンサーリンク]