[スポンサーリンク]

Q.夏休みを楽しく健康に過ごすには?

A.早寝早起きをして栄養たっぷりの牛乳や乳製品を積極的に取ろう!

夜ふかしして早起きできず、朝と昼が兼用のご飯になってしまったなど、夏休みは生活のリズムが乱れがち。すると、食事のリズムだけでなく、栄養素摂取にも悪影響が出てくるよ。

学校の給食は、1日に必要なエネルギーと栄養素量の約3分の1が摂取できるように作られている。毎日出ている牛乳は、カルシウムが豊富で、ビタミンAやビタミンB2などもふくまれているんだ。では、給食がない日はどうなんだろう? 下のグラフを見ると、給食のない日の昼食ではカルシウム摂取量が大幅に減っているね! 夏休みはいつも以上に、栄養面に気を配る必要があるんだ。

出展:「小学5年生の学校給食のある日とない日の食事摂取量と食事区分別の比較(2010)」より男女児82名の平均値

食事やおやつで、1日に2本分の牛乳や乳製品を取り入れれば、栄養バランスがぐっと改善されるよ。毎日の牛乳や乳製品で、夏休みを楽しく元気に過ごそうね!

 

夏休みの牛乳や乳製品、おすすめの取り方

 


関東生乳販売農業協同組合連合会
〒113-0034
東京都文京区湯島2-18-6 湯島夏目ビル7F
TEL. 03-5844-3061

[スポンサーリンク]