[スポンサーリンク]

スキー板、ブーツ、ストック、ウエアはスキー場でレンタルできる所が多いけれど、意外とレンタルできないのが、帽子や手袋、ゴーグルなどの小物類。サイズや好きな色がない場合もあるため、スキー場へ行く前にそろえておくと安心だよ。

ヘルメット・帽子

ヘルメットやニット帽をかぶろう。できればヘルメットがおすすめ。ケガ防止にもなるし、耳もかくれて暖かいよ。

※ヘルメットは、プラスチック部分が割れていないか確認しよう!

ゴーグル

晴れ、くもり、雪とすべての天候に対応できるオレンジ色のレンズで、くもり止め加工されている物がおすすめ。ヘルメットをかぶるときは、ヘルメット用のゴーグルを着けよう。

 Point  ゴーグルがくもらないようにするには?

●レンズがかわいた状態で、はだとのすき間がないように、外に出る前に室内で着ける。

●外にいる間は、ずっと着けたままにする。着けたり外したりすると、余分な水分が入ってくもりやすくなるよ。

ネックウォーマー

体を温めるには、首元を温めるのがとても大事だよ。

グローブ

少しゆったりサイズだと、指先が冷えにくい。大きすぎはNG。親指・人差し指・中指~小指に分かれている3本指の物がより暖かいよ。

 Point  ウエアの中に雪が入らないようにするには?

●グローブの上にウエアをかぶせよう。

スキーウエア

動きやすいように、上下分かれたタイプを選ぼう。

インナーウエア

保温機能のある下着に、スウェット類を重ね着しよう。

靴下

少し厚手のひざ下までの長い物。短かったり、重ねばきをしてよれたりすると、ブーツに当たって痛いときがあるよ。ブーツのサイズ調整や防寒対策には、暖かいインナーをしこう。

[スポンサーリンク]