[スポンサーリンク]

 

学名: Phyllopteryx taeniolatus
生息地:オーストラリア南部、タスマニア島周辺
トゲウオ目 ヨウジウオ科

卵を守るオス。尾の腹側にびっしりついた卵が見える。

ふ化直後の仔魚。全長2.7cmと、魚のふ化仔魚としてはとても大きい。

海藻のような魚

ウィーディシードラゴンはヨウジウオやタツノオトシゴの仲間です。海藻のような姿が特徴で、メスがオスの尾に卵を産みつけ、その卵を、オスがふ化するまで守るというおもしろい習性があります。生息地では数が減っており、水族園でも飼育下での繁殖に取り組んできました。

オスの尾に異変!?

昨年5月のある日、飼育員の1人が事務所にかけこんで来ました。

「ウィーディシードラゴンのオスの尾が太くなっています! もしかしてメスが産卵したのかも!」。

すぐに水槽を見に行きましたが、卵は見えません。しかし、しばらくしてもう1度見に行くと、オスの尾の腹側にびっしり付いた卵が確認できました! 産みたての卵は小さく、よく見えなかったのです。翌日には卵はふくらんで、背中側からもよく見えました。

産卵から約50日でふ化が始まりました。オスが体を一生懸命ふるわせてようやく1尾…というように、ゆっくり約3日かけて全長2・7㎝もある仔魚(赤ちゃん)がたくさんふ化しました。仔魚を育てるのは簡単ではありませんでした。細く小さな口でも食べられる大きさの生きたエサを用意したり、成長に合わせてエサを変えたりと、工夫をし、なんとか6尾を育てました。

水族園生まれのウィーディシードラゴンは、現在「オーストラリア西部」水槽で展示しています。今では全長20㎝以上になりました。日本初の繁殖個体の展示をぜひ見に来てください。

日本初の繁殖個体の展示

かさいニュース

生き物たちの様子を毎日紹介!

ひなたぼっこをするフェアリーペンギン

新型コロナウイルス感染症対策のため、おうちで過ごす時間が増えた方も多いのではないでしょうか。水族園の公式ツイッターでは、生き物の様子をおうちで楽しめる写真や動画を発信中です。生き物の何気ない様子や、あっとおどろくようなおもしろい行動などを紹介しています。ぜひご覧ください。

 


写真提供:公益財団法人東京動物園協会

東京都葛西臨海水族園
東京都江戸川区臨海町6-2-3
TEL.03-3869-5152
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

 

[エコチル東京版 LINEお友だち追加はこちら]友だち追加

[エコチル横浜版 LINEお友だち追加はこちら]友だち追加

トップページへ戻る

[スポンサーリンク]