[スポンサーリンク]

 

科学実験や英語、ダンスやクイズ大会など、さまざまなオンラインイベントがいっぱいの『学研キッズフェス2020』が、8月22日(土)に開催されました。

その中のプログラムの1つ、“さかなクンとエコチャレンジ! ギョうてんマイバッグをつくろう”では、魚に関する豊富な知識を持ち、環境省プラごみゼロアンバサダーを務める、さかなクンが登場。海に捨てられたレジ袋やストローなど、プラスチックごみが魚たちにどのような影響をあたえているか、くわしく解説してくれました。

また、プログラムの後半では、2020年7月1日(水)からレジ袋有料化がスタートしたことにより、一気に使う人が増えたマイバッグに注目。毎日の買い物に使えるだけでなく、みんなにもっとプラスチックごみ問題について考えてもらいたいと、使い終わったカレンダーや、クリアファイル、スカーフといった身近な物を材料にしたマイバッグの作り方が紹介されました。さかなクンもマイバッグ作りに挑戦し、完成したマイバッグに魚たちの絵をえがくライブペインティングもひろうしてくれました。

楽しみながら、プラスチックごみ問題について考えられた今回のイベントの模様は、「学研キッズネット」のホームページから配信動画の視聴が可能になっています。動画を参考にマイバッグを作りながら、みんなもプラスチックゴミ問題について考えてみましょう。

>>> 「学研キッズネット」の公式サイトはこちらから

 


学研キッズネット

 

[エコチル東京版 LINEお友だち追加はこちら]友だち追加

[エコチル横浜版 LINEお友だち追加はこちら]友だち追加

トップページへ戻る

[スポンサーリンク]