【エコチル特集】家族みんな、1人ででも!当たり前にしたい”いつも”の防災対策

みんなのおうちでは、何か防災対策を行っているかな? 対策と聞くと、何だか難しそうに感じるけれど、子ども1人でできる対策だってあるんだ。さぁ、いつもの習慣にしたい防災対策を見ていこう!

食べられるのに捨てられている!もったいないことを止めて、食品ロスを減らそう!

みんなは、「食品ロス」という言葉を知っているかな?これは、まだ食べられるのに捨てられている食べもののことで、日本では年間632万トンも発生しているんだ。食品ロスについて、みんなで考えてみよう。

【エコチル特集】どんな生き物がいるのかな?東京湾をのぞいてみよう!

私たちの身近にある東京湾。入り江はどれくらいの広さがあって、いくつの県に面し、何種類の生き物がくらしているのかなど、東京湾について知っていることはどれくらいあるかな? さぁ、東京湾をくわしく見ていこう!

【レッツトライエコライフ vol.63】みんなの学校の校長先生を紹介します!【千代田区】昌平小学校 校長 清水 明先生

本校の周辺はビルが立ち並び、なかなか自然にふれられません。そのぶん、さまざまな方の力を借りながら、子どもたちはいろいろな経験をしています。

【エコチル特集】緑も虫も、実はたくさん!東京で自然にふれよう!

東京は高層ビルや高層マンションが立ち並ぶ。でも、いたる所に公園が整備され、街路樹や花だんも豊富。都心からはなれれば、雄大な自然も! 暖かく、すごしやすいこの季節、虫あみと虫かごを持って出かけるのもいいね。さあ、東京の自然にふれに行こう!

【エコなひと】受け身な動物である馬のお世話を通して、優しさと思いやりを育み、馬のエサとなる緑の大切さを伝えていく|東武乗馬クラブ&クレイン 田中 智子さん

乗馬クラブクレインでは、2500頭の馬を保有。東武事業所では年間800名の小学生が乗馬デビューをしています。乗馬は馬に乗って終わりではありません。自分たちが乗る馬のお世話をすることも、大切な仕事の1つです。

【エコなひと】北海道の食材で 日本の食卓に笑顔と活気を|ホクレン農業協同組合連合会 東京支店 砂糖類販売課 課長 上野 充則さん

今回、お話をうかがったのはホクレン農業協同組合連合会の上野充則さんです。北海道の食べ物を通して、日本の食文化や農業についてより知ってもらおうと活動されています。

【エコなひと】出前授業などの活動を通して、子どもたちに”食やいのち、仕事の大切さ“を伝え、酪農や牛乳の良さを知ってもらいたい。|関東生乳販売農業協同組合連合会 酒井 彰敏さん

今回、お話をうかがったのは関東生乳販売農業協同組合連合会の酒井彰敏さんです。酪農や牛乳の良さを広めたいと、情報発信や出前授業など、さまざまな取り組みを行っています。

10月は3R月間 回収した後はどうなっているの?ペットボトルがリサイクルされるまで。

回収した後はどうなっているの?ペットボトルがリサイクルされるまでを紹介するよ!

【レッツトライエコライフ】みんなの学校の校長先生を紹介します!【世田谷区】給田小学校 校長 猪刈 恵美子先生

本校は健康教育を大切にしているので、毎朝子どもたちは半そで・半ズボンの体操服に着がえてから活動をスタート。暑さ、寒さに負けない体に暖房や冷房はそこまで必要なく、エコな生活が送れています。

【エコなひと】自分の体と五感をフル活用した本格的な体験を提供し、自分の未来や、 エコや自然にも目を向けさせる|株式会社みらいスクール 菅野 高広さん

今回、お話をうかがったのは株式会社みらいスクールの菅野高広さんです。本場でその道のプロフェッショナルといっしょに本物にふれる。体験を通して、子どもたちの可能性を広げています。

【エコなひと】プラスチックのリサイクルと 出前授業|塩ビ工業・環境協会  環境・広報部 部長 内田 陽一さん

今回、お話をうかがったのは、塩ビ工業・環境協会の内田陽一さんです。私たちの生活に欠かせない素材なのに、あまり知られていない〝塩ビ〟について熱く語ってくれました

かしこく有効利用 東京都の再生可能エネルギー

みんなは「再生可能エネルギー」という言葉を聞いたことがあるかな? 今回は、私たちが住む東京都が取り組んでいる再生可能エネルギーを紹介するよ。

【エコなひと】最新の科学技術の展示や体験で、 宇宙・航空だけではなく、 自然や暮らしについても学べる施設|三菱みなとみらい技術館 川口 美優さん

今月のテーマ:最先端の科学を学ぶ 今回、お話をうかがったのは、三菱重工の科学施設「三菱みなとみらい技術館」の川口美優さんです。宇宙や航空、環境も学べる展示や体験について、聞いてみました。