【エコなひと】北海道の食材で 日本の食卓に笑顔と活気を|ホクレン農業協同組合連合会 東京支店 砂糖類販売課 課長 上野 充則さん

今回、お話をうかがったのはホクレン農業協同組合連合会の上野充則さんです。北海道の食べ物を通して、日本の食文化や農業についてより知ってもらおうと活動されています。

【エコなひと】新しい和菓子のキャラクター”大福くん”を通して、日本伝統文化の和菓子の良さを知り、同時にグローバルな視点も持って欲しい|ソニー・ミュージックエンタテインメント 伊藤弘康さん

伊藤さんが所属する部署では、”子ども”をキーワードにいろいろなことを手がけています。そして2017年に登場したのが、キュートな和菓子のキャラクター”大福くん”です。これから1年間、エコチルの食育特集のメインキャラクターも務めます。

今すぐ試したい“ふろしき王子”直伝!ふろしきアレンジ/基本をマスターしよう! 真結び

ふろしきにはさまざまなサイズがあるんだ。まずは、1辺が100〜105cmの三巾サイズのものと、1辺が50cmの尺三巾サイズものを用意しておくと、使い勝手がよく便利だよ。また、結んだふろしきは、結び目をほどいてからしまおうね。

【レッツトライエコライフ vol.56】みんなの学校の校長先生を紹介します!【中央区】有馬小学校 校長 清水 晶子 先生

2017年で14回目をむかえたエコイベント「子どもとためす環境まつり」を中央区で開催しているため、本校の子どもたちは、“エコは特別なものではなく、みんなが当たり前にやるもの”という意識が根づいています。
エコなひと

【エコなひと】子どもたちの意欲を育てるだけでなく、自分を信じ、自らの責任と判断で行動していけるよう、野外での遊びを提案する|あばれんぼキャンプ事務局 理事長  中嶋 信さん

今回、お話をうかがったのはあばれんぼキャンプ事務局の中嶋信さんです。子どもたちを笑顔にし、意欲をはぐくみ、心の栄養となるよう、野外でさまざまな体験を行っています。

【エコチル特集】東京の空気はきれいなの?大気汚染の”今”を知ろう!

昔は、工場や自動車から出される排出物で、太陽が見えなくなることがあったほどよごれていた東京の空気(大気)。今、空を見上げると、太陽はきちんと見えている! 大気はきれい! 本当にそれでいいのかな? さぁ、東京の大気の歴史と現状を学んでいこう。

電気を消して 自分の目で 冬の星空を観察しよう

冬は明るい一等星が多く、空気もすみきっているから、一年のうちで星空が一番きれいに見える季節なんだ。外はちょっと寒いかもしれないけれど、家のあかりを消し、暖かくして空を見上げてみよう。 星はどこまで広がっているだろう? そして、せっかくなら、その星空の様子を観察し、記録に残してみたら、もっと思い出に残るはず!

分別した後、どうなるの?プラスチックのリサイクル工場を 見てきたよ!

埼玉県本庄市にあるリサイクル工場エコスファクトリーにやってきたよ。ここでは関東近郊から集められたプラスチックのごみをリサイクルし、プラスチックの原材料に加工しているんだ。

【エコなひと】最新の科学技術の展示や体験で、 宇宙・航空だけではなく、 自然や暮らしについても学べる施設|三菱みなとみらい技術館 川口 美優さん

今月のテーマ:最先端の科学を学ぶ 今回、お話をうかがったのは、三菱重工の科学施設「三菱みなとみらい技術館」の川口美優さんです。宇宙や航空、環境も学べる展示や体験について、聞いてみました。

【エコチル環境特集】自然と生き物のつながりを知ろう

みんなのまちのどんなところに「自然」があるかな? 自然と生き物のつながりを調べて、私たちのまちや暮らしとの関わりを考えてみよう!

【エコなひと】体験や出張授業を通じて、子どもたちに食の大切さや楽しさを伝え、食への興味を持って欲しいと、力を入れる

今回、お話をうかがったのはロイヤルパークホテルの飯村功さんです。約15年に渡って捨てられる食材の削減に取り組み、近隣の小学校で味覚の授業なども行っています。

【エコなひと】普段観察できない海の生き物を知るための学習の場として、水族館を利用してほしい。

「環境教育というと『地球温暖化』や『海洋資源の枯渇』など、とても難しいテーマを掲げるのではなく、人間もふくめた、生物や無生物全てが地球全体に関わっているととらえ、私たち以外に、どんな生物がいるのか、どんな生き方をしているのかを、動物園や水族館を利用することで、さまざまな生き物を知るきっかけにして、環境問題を考えてほしい。

食べられるのに捨てられている!もったいないことを止めて、食品ロスを減らそう!

みんなは、「食品ロス」という言葉を知っているかな?これは、まだ食べられるのに捨てられている食べもののことで、日本では年間632万トンも発生しているんだ。食品ロスについて、みんなで考えてみよう。
エコチル特集

【エコチル特集】23区のごみの量は東京ドーム約7.4杯分!もっと知りたい、ごみのこと

毎日、家庭から出るごみ。みんなは、このごみがどうやって処理されているか知っているかな?今回は、可燃ごみ(燃やすごみ)の処理の仕組みを見ていきながら、ごみについて考えていくよ。