【エコなひと】いろいろな体験プログラムを通して、子どもたちに〝チャレンジする楽しさ〟や〝出会いの素晴らしさ〟を知ってもらいたい|株式会社チャレンジワールド 齋藤 正明さん

今回、お話をうかがったのは株式会社チャレンジワールドの齋藤正明さんです。子どもたちに人生が変わるような出会いと、夢中になれる体験の場を提供したいと、さまざまな取り組みを行っています。

【エコなひと】”ゆっくり発進、ゆっくり停止“がポイントのエコドライブは、CO2削減による地球温暖化防止や、交通事故の減少にもつながる|一般社団法人東京都トラック協会 佐久間 恒好さん

今回、お話をうかがったのは一般社団法人東京都トラック協会の佐久間恒好さんです。環境に配慮したトラックで、大切な荷物を安心・安全に運べるよう、さまざまな取り組みを行っています。

【エコなひと】新しい和菓子のキャラクター”大福くん”を通して、日本伝統文化の和菓子の良さを知り、同時にグローバルな視点も持って欲しい|ソニー・ミュージックエンタテインメント 伊藤弘康さん

伊藤さんが所属する部署では、”子ども”をキーワードにいろいろなことを手がけています。そして2017年に登場したのが、キュートな和菓子のキャラクター”大福くん”です。これから1年間、エコチルの食育特集のメインキャラクターも務めます。

【エコなひと】全国各地へ講師が出向き、ミュージカルという創作活動から、子どもたちが持っているさまざまな才能を引き出していく|劇団BDP/児童劇団「大きな夢」代表 青砥 洋さん

今回、お話をうかがったのは児童劇団「大きな夢」の青砥洋さんです。劇団の活動を通じて多くのことを得てほしいと、全国24カ所で「大きな夢」を運営。子どもたちの成長を応援しています。
エコなひと

【エコなひと】子どもたちの意欲を育てるだけでなく、自分を信じ、自らの責任と判断で行動していけるよう、野外での遊びを提案する|あばれんぼキャンプ事務局 理事長  中嶋 信さん

今回、お話をうかがったのはあばれんぼキャンプ事務局の中嶋信さんです。子どもたちを笑顔にし、意欲をはぐくみ、心の栄養となるよう、野外でさまざまな体験を行っています。

【エコなひと】大気汚染や光害に気づける目を持ち、宇宙や天文学に興味を持って欲しいと、子ども向けの星空案内や観望会を開催する

今回、お話をうかがったのは八ヶ岳グレイスホテルの小塩智也さんです。 大気環境保全全般を考えるきっかけになればと、ホテル一丸となって星空案内や観望会を盛り上げています。

【エコなひと】体験や出張授業を通じて、子どもたちに食の大切さや楽しさを伝え、食への興味を持って欲しいと、力を入れる

今回、お話をうかがったのはロイヤルパークホテルの飯村功さんです。約15年に渡って捨てられる食材の削減に取り組み、近隣の小学校で味覚の授業なども行っています。

【エコなひと】北海道の食材で 日本の食卓に笑顔と活気を|ホクレン農業協同組合連合会 東京支店 砂糖類販売課 課長 上野 充則さん

今回、お話をうかがったのはホクレン農業協同組合連合会の上野充則さんです。北海道の食べ物を通して、日本の食文化や農業についてより知ってもらおうと活動されています。

【エコなひと】プラスチックのリサイクルと 出前授業|塩ビ工業・環境協会  環境・広報部 部長 内田 陽一さん

今回、お話をうかがったのは、塩ビ工業・環境協会の内田陽一さんです。私たちの生活に欠かせない素材なのに、あまり知られていない〝塩ビ〟について熱く語ってくれました

【エコなひと】スポーツの価値を伝えるため、 プロ野球球団として、 支援活動を継続的に実施する|株式会社読売巨人軍 野球振興部 本城 直貴さん

今回、お話しをうかがったのは、読売巨人軍野球振興部の本城直貴さんです。小学校でのベースボール型授業支援や社会貢献活動について、お聞きしました。

【エコなひと】最新の科学技術の展示や体験で、 宇宙・航空だけではなく、 自然や暮らしについても学べる施設|三菱みなとみらい技術館 川口 美優さん

今月のテーマ:最先端の科学を学ぶ 今回、お話をうかがったのは、三菱重工の科学施設「三菱みなとみらい技術館」の川口美優さんです。宇宙や航空、環境も学べる展示や体験について、聞いてみました。

【エコなひと】そうじの悩みを解決する開発で 家族の笑顔あふれる快適なキッチンをつくる|クリナップ株式会社 小林 桂さん

今回、お話をうかがったのは、クリナップ株式会社の小林桂さんです。環境にもやさしい「洗エールレンジフード」の開発について、お話ししていただきました。

【エコなひと】物づくりにかける、たくさんの人の 想い を知ってもらい、浣腸について 興味や関心を持ってほしい。

イチジク製薬は東京都墨田区に90年以上前からある会社で、うんちが出ないときに使うお薬「浣腸」をつくっています。 「浣腸の液を混ぜ合わせ、容器につめてキャップを閉め、浣腸はつくられます。その後、フィルムの 袋に入れて箱づめをして、出荷します」と梁川さんは話します。

【エコなひと】ホタルの成育環境を維持することは、自然保全すること、そのものです。成長したホタルを観に来てください。

2001年からは、庭園内に幼虫飼育施設を設置し、3cmくらいまで成長させて、地元の小学生といっしょに沢に放流しています。放流前に、ホタル飼育専門の先生によるホタルの生態の学習会も行っています。