【エコなひと】最新の科学技術の展示や体験で、 宇宙・航空だけではなく、 自然や暮らしについても学べる施設|三菱みなとみらい技術館 川口 美優さん

今月のテーマ:最先端の科学を学ぶ 今回、お話をうかがったのは、三菱重工の科学施設「三菱みなとみらい技術館」の川口美優さんです。宇宙や航空、環境も学べる展示や体験について、聞いてみました。

【エコチル特集】水を大切にしよう

おうちや学校や公園など、どこの蛇口をひねっても、安全できれいな飲み水が出てくるね。今回は、どうやって安心して使える水がみんなに届くのかを紹介するね。

【エコチル特集】東京の生き物を探してみよう!

みんなは、都会の生き物というと、何を思いうかべるかな? 今回は、東京で暮らす生き物を紹介するね。

【エコなひと】そうじの悩みを解決する開発で 家族の笑顔あふれる快適なキッチンをつくる|クリナップ株式会社 小林 桂さん

今回、お話をうかがったのは、クリナップ株式会社の小林桂さんです。環境にもやさしい「洗エールレンジフード」の開発について、お話ししていただきました。

【エコなひと】物づくりにかける、たくさんの人の 想い を知ってもらい、浣腸について 興味や関心を持ってほしい。

イチジク製薬は東京都墨田区に90年以上前からある会社で、うんちが出ないときに使うお薬「浣腸」をつくっています。 「浣腸の液を混ぜ合わせ、容器につめてキャップを閉め、浣腸はつくられます。その後、フィルムの 袋に入れて箱づめをして、出荷します」と梁川さんは話します。

【エコチル環境特集】東京の緑を増やそう

みんなは、体育の授業をする校庭、買い物に行くデパートの屋上など、街の中の緑化が進められていることを知っているかな? 今回は、東京都が緑を増やすためにどんな取り組みを行っているのかを紹介するね!

【エコチル環境特集】自然と生き物のつながりを知ろう

みんなのまちのどんなところに「自然」があるかな? 自然と生き物のつながりを調べて、私たちのまちや暮らしとの関わりを考えてみよう!

【エコなひと】ホタルの成育環境を維持することは、自然保全すること、そのものです。成長したホタルを観に来てください。

2001年からは、庭園内に幼虫飼育施設を設置し、3cmくらいまで成長させて、地元の小学生といっしょに沢に放流しています。放流前に、ホタル飼育専門の先生によるホタルの生態の学習会も行っています。

かしこく有効利用 東京都の再生可能エネルギー

みんなは「再生可能エネルギー」という言葉を聞いたことがあるかな? 今回は、私たちが住む東京都が取り組んでいる再生可能エネルギーを紹介するよ。

【エコなひと】普段観察できない海の生き物を知るための学習の場として、水族館を利用してほしい。

「環境教育というと『地球温暖化』や『海洋資源の枯渇』など、とても難しいテーマを掲げるのではなく、人間もふくめた、生物や無生物全てが地球全体に関わっているととらえ、私たち以外に、どんな生物がいるのか、どんな生き方をしているのかを、動物園や水族館を利用することで、さまざまな生き物を知るきっかけにして、環境問題を考えてほしい。

【エコなひと】プログラミング教育を通じ、試行錯誤することのおもしろさを学び、新しい挑戦に取り組んでほしい。

2020年から、文部科学省は小学校でのプログラミング教育の必修化をかかげています。“LITALICOワンダー”では、“Scratch(スクラッチ)”という教育用のプログラミング言語でゲームをつくることや、ブロックでロボットを組み立てることから始めるため、楽しみながら学べます。IT技術を身につけることは、さまざまな物事や事柄を問題解決する上で重要です。また環境問題の解決を考える上でも不可欠な知識です。子どもたちに“LITALICOワンダー”で、新しい挑戦に取り組んでほしいと思います。

環境にやさしい住宅について考えよう

みんなが住んでいる、または将来、建てたり、買ったり、借りたりする家について、ぜひ考えてほしいことがあるよ。それは「環境にやさしい」住宅のこと。いつまでも快適に暮らすために、住まいづくりにできることを考えてみよう。

【レッツトライエコライフ】みんなの学校の校長先生を紹介します!足立区立千寿本町小学校  増田 好範校長先生

学校がある千住は、江戸時代以来、日光街道の宿場町として栄えた地域です。校庭の中心にある樹齢百年を超えるクスノキは、学校の宝物です。近くに流れる荒川も含めて、身近な自然を感じて大切にする心を育んでほしいと願っています。町の人たちと一緒に花いっぱい運動やクリーン作戦に取り組んで、環境への関心を高めています。

【エコなひと】どんなところにもある身近な自販機、実はあの中に、さまざまな省エネ技術がたくさん使われているんです。

自販機は飲み物を冷やす、温めるために電力をとても使用する機械だ、と言われていました。ですが、各メーカーが節電するために、さまざまな技術を考えて工夫しました。現在は、売れる分を、自販機内のコンピューターが判断し、必要な分だけを効率よく冷却・加温する機能になっています。