[東京版]キャリチル

[東京版]キャリチル

【キャリチル】[開催報告]小学生が3ヵ月で自分の夢をカタチにする創業体験プロジェクト!「キッズアントレタウンプロジェクト」

キッズアントレタウンプロジェクトは、約20人の小学生起業家(=キッズアントレプレナー)たちが『夢の実現 × 社会課題(SDGs)=地球にやさしい起業を考える』をテーマに「本物の起業家を前にしたプレゼン大会」「SDGsとは」「経済・税金教育」「こども議会」など、さまざまなワークに挑戦する3ヵ月の創業体験プロジェクトです。

【キャリチル】夢に向かってキラリ☆小学生 徳田 寛人さんにお話を聞きました!

キャリチル7・8月合併号の表紙に登場してくれた徳田 寛人さんは、宇宙で活躍するロボットや衛星に興味を持つ小学5年生。新幹線やロボット、元素や戦艦、豪華客船船長の仕事など、気になることがあれば、本などでまず知識を得て、興味の高まったところで本物にふれてきたそうです。

【キャリチル特集】おうちの人といっしょに読んでね!ここが知りたい、プログラミング基本の「キ」

2020年度から小学校で必修化されるプログラミング。いろいろと分からないことが多いから、プログラミング必修化にくわしい鵜飼佑さんにお話しを聞いたよ!

【キャリチル】聞かせて!プロフェッショナル|ゲーム作りの 中心にいる存在|クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 大浦 洋平さん

毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?

【キャリチル】みんなの先生Zoom UP! みんなの小学校の先生を紹介します!|【杉並区】浜田山小学校 教務主任 上原 達朗 先生

教務主任として、より視野を広げ、学校全体を見渡し、目標を立て、課題を整理し、学校の特色である「AIロボット授業」など具体的な方策を考えています。

【キャリチル】やりたいこと別 プログラミング教室の選び方 どこがピッタリ?

たくさんあるプログラミング教室から、自分に合うところを探すのは大変。そこで、プログラミング教室にくわしい、コエテコ編集長の沼田直之さんに、やりたいこと別にオススメのプログラミング教室を聞いたよ!

【開催報告】キャリチルお仕事体験 in Hawaii |エコチルSDGsプロジェクト[第2弾]

エコチルが日本を飛び立ち、4月1日(月)にハワイでお仕事体験を開催しました。これはエコチル北海道版で企画・募集した、SDGsの目標「質の高い教育をみんなに」「働きがいも経済成長も」などに取り組むための、SDGsプロジェクトです。

【キャリチル】夢に向かってキラリ☆小学生 只石 倖大さん(ただいし こうだい)さんにお話を聞きました!

キャリチル4月号の表紙に登場してくれた只石倖大さんは、プログラミングが大好きな小学5年生。「小さいころからLEGOが大好きでした。そんなLEGOを思い通りに動かすことができると知り、小学1年生のときにプログラミングを始めました」と、只石さんは口にします。

【キャリチル】夢に向かって!キラリ☆小学生|渋谷区立猿楽小学校 5年生 只石 倖大さん

小さいころからLEGOが大好きな只石さん。そんなLEGOを動かすことができると知って、プログラミングを始めたのが小学1年生のとき。それから週に1度、プログラミング教室“LITALICOワンダー”に通い、プログラミングを学んでいるよ。

子どもスポーツ応援情報紙「スポチル東京版」、子どもキャリア教育情報紙「キャリチル東京版」を創刊いたします!!

2019年4月8日より子どもスポーツ応援情報紙「スポチル東京版」を創刊、2019年5月7日より子どもキャリア教育情報紙「キャリチル東京版」を創刊します。