【横浜版】よこはま動物園ズーラシアだより 生き物ってオモシロイ!!|今月の動物:キリン

キリンはアフリカ大陸・サハラ砂漠以南の低木の林や、ひらけた森林地帯、サバンナなどに生息し、アカシアなどの木の葉を主食としています。長い首とあしが非常に特徴的で、大人のオスで高さが平均5.3m、メスで平均4.3mにもなります。

【横浜版】よこはま動物園ズーラシアだより 生き物ってオモシロイ!!|今月の動物:オカピ

オカピを見て真っ先に目に飛びこんでくるのは、おしりのシマ模様。まるでシマウマのようですが、実はこのシマ模様はオカピが生息しているアフリカの熱帯雨林の森の中で身をかくすのに役立つといわれています。

【エコチル特集】自分たちの未来のために!150以上の国が約束した目標 ”SDGs” を知ろう

みんなはSDGsについて知っているかな? 聞いたことはある、なんていう人も多いかもしれないね。今回は、ちょっと難しそうに思えるSDGsについて学んでいくよ。

【横浜版】【レッツトライエコライフ vol.1】みんなの学校の校長先生を紹介します!|【金沢区】六浦小学校 校長 大谷 珠美 先生

本校では夏休みに横浜市が行う“こども「エコ活。」大作戦”に、何年も前から4、5年生が中心となって参加しています。

【横浜版】よこはま動物園ズーラシアだより 生き物ってオモシロイ!!|今月の動物:テングザル

テングザルは、ボルネオ島の沿岸部、川沿いに広がる密林に生息しています。テングザルの特徴として、大きく立派な天狗のような鼻があります。この天狗のような鼻は、テングザルの名前の由来にもなっています。

【金沢動物園だより】生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:ミヤマクワガタ

クワガタやカブトムシの仲間は、幼虫の時にどれだけ大きく成長できたかで成虫の大きさや角、大あごの形が変わります。

【野毛山動物園だより】生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:カグー

「カグー」という名前を初めて聞く人も多いかもしれません。それもそのはず、ニューカレドニア島のみに生息しており、日本では野毛山動物園でしか展示されていない絶滅危惧種です。羽の色は青みがかった灰色で、くちばしと足の色はオレンジ、目は赤色をしています。カグーの特徴は頭についている冠羽で、いかくや求愛のときに逆立ててディスプレイをします。

【横浜版】よこはま動物園ズーラシアだより 生き物ってオモシロイ!!|今月の動物:オオアリクイ

オオアリクイは南アメリカの草原や林などで、単独で生活しています。その名の通りアリやシロアリなどを主食とし、それらを食べるために適した体のつくりになっています。

【エコチル特集】なぜ起こるの? 私たちにできることは?今こそしっかり考えよう 地球温暖化!

日本だけでなく、世界各国の平均気温がこれまでにないペースで上がり、地球温暖化は世界的な問題になっている。そんな地球温暖化をくわしく見ていこう!

【横浜版】【レッツトライエコライフ vol.3】みんなの学校の校長先生を紹介します!|【戸塚区】戸塚小学校 校長 鈴木 陽一 先生

本校では、清掃環境委員会が中心となり、ごみの分別に力を入れています。校内のごみステーションに集めたごみを、児童と教職員がていねいに分けます。

金沢動物園だより 生き物ってオモシロイ!!【今月のどうぶつ】コアラ

「いっつもねてる!」そんなイメージが強いコアラですが、それもそのはず。1日のうち18~20時間は睡眠時間なのです。コアラはユーカリの新芽や葉を食べて暮らしています。

【金沢動物園だより】生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:インドゾウ

ゾウは陸上にすむ動物の中で最も大きい動物です。現在はアフリカ大陸にすむアフリカゾウとマルミミゾウ、アジアにすむアジアゾウの3種がいます。アジアゾウはすんでいる地域によって呼び方が分かれており、インドゾウもアジアゾウの1つです。この他にセイロンゾウ、スマトラゾウ、ボルネオゾウなどがいます。

子ども環境情報紙「エコチル」横浜版を創刊いたします!! 横浜市内18区で毎月20万部無料配布!

子ども環境情報紙「エコチル」の横浜版を2019年4月8日に創刊いたします。

【横浜版】【レッツトライエコライフ vol.2】みんなの学校の校長先生を紹介します!|【中区】山元小学校 校長 石田 薫 先生

本校には「山元農園」という約300坪の広さをほこる畑があります。春夏秋冬、クラスごとにさまざまな野菜を育て、給食や収穫祭などで児童全員が味わいます。特に冬の収穫祭では、クラスで味付けが異なる鍋料理を作る楽しみも。